笠茂歯科医院生体構造調律研究所

KASAMO DENTAL OFFICE

 

美しい歯になりたい 審美歯科

ホワイトニング 

歯の色が変色する原因は「歯の表面の汚れ」「加齢・遺伝による変色」「歯の内部構造が原因」で変色している場合など大きく分けて3つと言われています。歯の表面の汚れは毎日丁寧に時間を歯磨きすれば着色は防げますが、食べ残しなど、こびり付いてくるとなかなか、歯磨きだけでは落とせません。歯の表面の汚れであれば歯のクリーニングを行えば、ある程度白くすることが出来ます。

しかし、年齢が重なると徐々に歯の色は濃くなります。象牙質も厚みが増し、黄褐色が強くなります。本来の歯野色より白く輝く歯を手に入れたい方には歯のホワイトニングが良いでしょう。ホワイトニングには歯科医院で行う(オフィスホワイトニング)とお家でおこなう(ホームホワイトニング)があります。


オフィスホワイトニング

歯の表面にホワイトニング効果がある薬剤を塗ります。レーザーや光を照射して白くする方法です。即効性がありますが、色の戻りが早いという性質があります。歯科医師、歯科衛生士の管理下で行うため安心感があります。希望の白さが手に入れることができますので、お気軽に当院までご相談下さい

ホームホワイトニング

あなたの歯に合った専用トレイ(マウスピース)作成します。お家で作成した専用のトレイに、ホワイトニングジェルを流し込み、歯に装着します。1日2時間程装着して、約2週間ほど行います。白くなるためには多少お時間が掛かりますが、家庭で出来る手軽
お家で行うホームホワイトニングはお客様の歯の色や歯の性質に合わせてジェルがあります。詳しくは当院までお問い合わせ下さい


つけ爪のようなラミネートベニア

神経をとることなく、歯の表面の一層を薄く削除し、セラミックプレートを貼り付けます。主に歯の色を白くしたり、歯と歯のすき間を改善したり、歯の形を全体的に整えるのに最適です。歯にやさしい修復法です。0.5mm程の歯を削り、その上から薄いセラミックラミネートを特殊な接着剤で歯に貼り付けると言う方法があります。


まるで天然の歯のようなハイブリットセラミックス

見た目は本当に天然の歯に近く、金属のように目立つことがないので、違和感がありません。修復した後も変色をしたり、すり減ったり、欠けたりすることが少なく、長く保つことができます。
詳しくは当院へお問い合わせ下さい


入れ歯になっても若さを取り戻せる 

「歯がダメになったら、最後は入れ歯にすればいいじゃない」と言う話をよく聞きますが、年をとってほとんどの歯が悪くなっても、歯科治療の最後は、入れ歯を入れておしまいではありません。
歯がなくなっても、次に守らなければならないものがあります。
それは歯肉と今まで歯を支えてきた土手(歯槽骨)、そして噛み合わせです。よい噛み合わせは消化吸収を良くし、内臓をいたわり、噛むことによる脳への刺激となり、ボケ防止となります。下の左の写真は歯肉はいつも赤くただれ、しだいに歯槽骨が吸収されてきました。そのため入れ歯はますます悪くなり、良く咬めず、顔も歪み、姿勢も悪くなるのです。
一本でも多く自分の歯であると言うことで、入れ歯の安定度が変わってきます。残っている数本の歯を大切に保存治療をし、奥歯は上下ともに土手を守るため、良く適合した入れ歯を入れました。治療前と比較して口元や目の輝きが違うのがわかります。

Copyright (c) kasamo Dental Office
東京・新宿ホームページ制作会社&経営コンサル 株式会社ピッコルーナ